読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

少しずつでいい。理想へ近づくゆとり世代の戯言ブログ。

カッコつけたがりにも関わらず、本当に自分が格好良いと思う生き方はできていないし、そもそも見つかってすらいない。受験、就活、アルバイト、インターン、そして社会人生活。さまざまな機会を通じて、自分が自分らしく生きるためにちょっとずつでも素直になっていくためのブログ。

そろそろ社会人準備に入るとするか。

アメリカ横断を無事終えて帰国してきました。

 

こちらに関しては、記憶を鮮明に残したいという考えもあるので、別途記事にして書きたいと思います。

 

最後の楽しみの横断旅行を終えて、3月になりました。

あと一か月後には完全に社会人になってしまいます。いや、晴れて社会人になることができます(ただし、卒業確定通知が届いた場合)

 

そこで、昨日は気持ちを切り替えるために

『社会人1年目の教科書』/岩瀬大輔さん著 

を読みました。これを読むのは2回目です。

 

f:id:shota1994112:20170306115621j:plain

1回目を読んだとき、ここに書いてあるアドバイスをすべて実行して、誰よりも成長して見本となるような社会人になってやろうと意気込みました。しかし、もう一度読んでみて思うことは、これを実行することは容易ではないということです。インターンにせよ、日ごろのアルバイトにせよ、仕事をしているとき、常に頭にこのアドバイスを意識し続けて行動することは本当に難しいです。2回目は、学びというよりむしろ反省に近い気持ちで読んでいました。良い例を学ぶではなく、悪い例として紹介されている内容が自分と被ったからです。読書は速読よりも、じっくり熟読した方が良いんじゃないか?と岩瀬さんがおっしゃる通り、この本に書いてあることもしっかりエッセンスを書き出して、熟読しようと思います。自分ができていること、できないこと、優先度でまとめて、毎朝眺めることができるように紙一枚にまとめようかなとまで考えています。私は頭がキレるわけでもなく、器用にこなすタイプでもないので、地道にちょっとずつでいいから、私なりの理想の社会人に近づけるようになりたいです。

 

この本は、1年目の教科書というより、初心忘れることなく、前進し続けるためのバイブルのように思います。

 

あとで紙一枚にまとめる!!

これが今日やることの一つです。

 

これから。